入局希望の方へ

令和4年度の新入局員を随時募集しています。
質問や相談、見学の希望など何でもお気軽にお問い合わせください。

連絡先:
〒734-8553 広島市南区霞 1-2-3(歯学部C棟4階)
広島大学大学院 医系科学研究科 歯科矯正学
医局長 國松 亮 
email:ryoukunimatu@hiroshima-u.ac.jp

大学院進学について

広島大学歯学部は、「アジアに根ざした歯科医学・口腔健康科学の教育研究国際拠点」構想を掲げています。
当科が一貫して取り組んできたことに、海外の研究・医療・教育機関との交流があります。
多くの教室員を海外に派遣するとともに、世界中の国々から留学生を受入れ、活発な国際交流を図ってきました。

また、当科では、次世代の歯科医療を実現するためのさまざまな研究を行っています。
医療の安全性と有効性を担保するために基礎研究から時間をかけて緻密にデータを積み重ね、本当に信頼性の高い形にして矯正歯科臨床に還元することを信条としています。
研究を通じてサイエンスの素晴らしさ、またこれを正しく医療に活用することの意義を学びます。
そして、研究力、国際力、社会貢献力を身につけた、バイオデンティストの育成を大学院教育の目標としています。

教育内容

[研究教育] 研究力を身につけるための基礎研究技術を学び、本格的な研究を実践します。研究計画の立案、プロトコール作成、実験、結果の考察、論文作成など、研究者にとって大切なスキルを一から学べます。研究成果は、国内はもとより、国際学会においても発表のチャンスがあります。
[臨床教育] 歯科矯正学に関連した歯科基礎医学を修得した上で、矯正歯科治療、顎整形治療、外科的矯正治療などに関する診断・治療を的確に実践できるよう懇切丁寧に教えます。
なお、大学院では、高度専門医療である矯正歯科医として能力を修得するための授業科目を開講しています。

研修プログラム

広島大学矯正歯科では、チームによる組織的な教育により、次世代の歯科医療に必要な多様なスキルを習得するためのプログラムを提供します。
研究教育と臨床教育の両立を考慮した4年制の教育プログラムを導入しています。

これまでの大学院留学生の受け入れ

留学生との交流を財産として、国際交流ネットワークを構築しています。